槙坪夛鶴子

映画『星の国から孫ふたり』撮影直前の槙坪監督

槙坪夛鶴子監督ご挨拶

パオのホームページへようこそ。監督の槙坪夛鶴子です。

いのちと愛のメッセージというテーマの三部作(子どもたちへ若人よ地球っ子)、HIV・援助交際・薬物問題を盛り込んだ'98年度作品「わたしがSuKi」。 老いた親の介護に追われる嫁の自立、お年寄りの自立と成長を描いた「老親ろうしん」と、ユニークな有料介護ホームと関わる家族の愛を描いた「母のいる場所」。 そして、「自閉症」オーティズム、発達障害の問題を取り上げた七作目「星の国から孫ふたり」。

すべての作品で描くテーマは、いのち、愛、共生(きょうせい)です。

企画制作パオの歴史

パオの映画作品は、全国各地の学校、地域福祉センター、教育学習センターで上映されています。 性教育や介護問題、自閉症を扱った作品は学校や地域の上映会、劇場公開され、各省庁や映画賞などの高い評価も受けています。

設立より34年で9作品、自社スタッフによる企画製作から宣伝配給までの一貫した映画づくりをおこなってきました。 今年は第10作目となる最新作『つぐほだし』の制作準備に入ります。 映画作品の紹介ページで詳しい内容をご覧いただけます。

映画『子どもたちへ』メインビジュアル 映画『若人よ』メインビジュアル 映画『地球っ子』メインビジュアル 映画『わたしがSuKi』メインビジュアル 映画『老親ろうしん』メインビジュアル 映画『母のいる場所』メインビジュアル 映画『星の国から孫ふたり』メインビジュアル 映画『少女の夢』メインビジュアル 映画『ともに生きて』メインビジュアル

七つの映画とともに監督の記憶を辿る旅


映画フィルム・DVD貸出と上映会を再開

追記:

今年3月より実施を自粛して参りました映画の上映会ですが、国内の新型コロナウィルス発生状況を判断しながらではありますが、再開のはこびとなりました。ご支援ご協力に感謝申し上げます。上映スケジュールでご覧いただけます。

この続きを読む