わたしがSuKi

子どもたちの心に寄り添う教育者たち

心の居場所を求めて揺れる、少年少女たち

ものがたり

「警察だ。あんた援助交際してるな?」と中年男性に声をかけられ逃げる高校二年生の亜紀。 親に連絡されたら…とおびえる彼女は仲間の弘美とともに養護教諭の神崎に助けを求める。 親だけには絶対知られたくないという二人に、神崎は寄り添いながら向き合っていく。

亜紀さん、素敵よ。もっと自信もっていいよ 担任である木村は、亜紀たちにそう言葉をかける。 そして生活指導部の島袋と力をあわせ、生徒を守るために動き出す。 次々と立ちはだかる様々な問題を前に正面からぶつかる教師と生徒たち。 そんな最中、かつて援助交際をしていた卒業生理恵が神崎の前にあらわれる……。

子どもたちは色々な問題を抱えていた。 覚せい剤に溺れる順子。彼女を心配しながら、自ら孤独に傷ついている、みのり。 HIV感染に苦悩する英樹。彼への気持ちに自信が持てない亜紀。 心の居場所を求めて揺れる、親と子どもたちの心に寄り添う教育者たちを描く。

援助交際で、お金を受けとる弘美 子ども達を救おうとする教師たち 授業で正しい性知識を教える神崎

自分を好きになってほしい

企画にあたって

映画『わたしがSuKi』は実話を基に製作しました。

家にも学校にも居場所のない淋しさ。お金さえあればという風潮。 買春を許容する社会の中で翻弄され、性的無知によってさらにゆり動かされる思春期を過ごす少年、少女たち。 高校2年生の3人の少女たちの"援助交際"発覚をキッカケに、生徒を見捨てないと真正面から向き合う養護教諭、担任、生活指導部の先生たちは、一人一人と関わっていく。

援助交際・覚せい剤・HIV・エイズ、性暴力・レイプ、メイクラブについての授業を通して、クラスの生徒たちも、性とは何か、性的自立とは何かを考えていく。 自分の性を正しく見つめ、生命の尊さ・大切さを感じとって、「自分らしさ」を取り戻し、「わたしが好き」になって、これからの生き方に、夢と希望がもてる大人になってほしい、という願いでこの映画をつくりました。

いま、大人達わたしたち何をしたらいいのか?

担任の木村、養護教諭の神崎、生活指導部の島袋

少女たちはなぜ援助交際をするのか

物語は、女子高生3人が援助交際を警察に知られ、養護教諭のもとに助けを求めてくることから始まる。 この作品は実話をもとに養護教諭が書いた小冊子「援助交際の少女たち」が原案。

女子高生たちを取り巻く現状を真正面から描くこの作品は、「自分が好き」と言える生き方を見つけてほしいという若者へのメッセージであるとともに、大人や親が知るべき事実なのである。

全国の中学高校で性教育、人権教育の教材として上映される映画『わたしがSuKi』は、援助交際、性暴力、薬物問題などの難しい問題を、多感な生徒にも分りやすく伝えている。


映画フィルム・DVD貸出と上映会を再開

追記:

今年3月より実施を自粛して参りました映画の上映会ですが、国内の新型コロナウィルス発生状況を判断しながらではありますが、再開のはこびとなりました。ご支援ご協力に感謝申し上げます。上映スケジュールでご覧いただけます。

この続きを読む