ともに生きて〜映像で綴る夫婦史〜

世界で1つの人生ドキュメンタリー

41年間、ともに生きた人生じんせい

ものがたり

大阪万国博覧会が開催された1970年。

生まれた場所、時代が異なる二人は、撮影所の一角で運命的な出会いで結ばれます。記録係の槙坪夛鶴子(30歳)。見習い助監督の光永憲之(23歳)。つかの間の幸せでした。槙坪さんは無理がたたってリウマチを発症、寝たきりの生活を余儀なくされてしまいます。毎晩、仕事が終わってから身の回りの世話に通う光永さんは、二人の交際を認めない父親から勘当を言い渡されたのです。以来、41年間、難病と闘いながら、映画人生を共に生きた二人の夫婦史が綴られます。

ともに生きて-41年間寄り添った槙坪夛鶴子・光永憲之

妻は重いリウマチを抱えながら、夢に向かって生き抜きました。私は妻の生き方から多くの事を学び、私に生きる力を与えてくれた妻に感謝するばかりです

共に歩み、夫婦の思いを交えながら、仕事、子育て、病との闘い、親の介護を通して、お互いを必要とする関係を築いていった夫と妻。生き方、価値観が異なる二人を強く結びつけてくれたのは、「映画」だったのです。

映像でつづる『夫婦史』

企画にあたって

夫婦の関係は、年と共に変化して行きます。

熱い「愛情」が次第に穏やかな「友情」になり、気が付けば、お互いを意識することもない、空気のような存在に……でも、そんな状態が続くと、シニアと呼ばれる頃には、無関心になりすぎて、二人の心がすれ違うようになってしまうかもしれません。

難病と闘いながら、平和を強く願い、共に生きる社会の実現を信じ続けて、7本の映画に想いを託した映画監督・故槙坪夛鶴子まきつぼたづこ

41年間に渡って、病弱な妻を公私共に支えながら、二人三脚の映画人生を刻んだ、夫・光永憲之(映画プロデューサー)。

この映画『ともに生きて』は、二人の出会いから別れまでの夫婦史を巡り、仕事、病、子育て、親の介護を通じ、互いを必要とする関係を築いてきた夫婦の姿を映し出します。「シニア世代」……そう呼ばれるようになった時、私たちの第二の人生が始まります。そして、「夫婦」という関係を改めて見直す絶好の機会でもあります。出会いを大切にして、悔いのない人生を精一杯に生き抜く事を願って。

ともに生きて-若かりし日の槙坪夛鶴子・光永憲之

人生の伴侶であり、映画製作のパートナーであった妻は、2011年9月24日、突然、天国に旅立ちました。それは東日本大震災後、福島県でチャリティー上映を行いながら、新たな作品の構想を具体化しようとしていた矢先の事だったのです。一週間後、悲しみに暮れる間もなく、妻の遺影を抱いて、私は岩手県一関市へと、チャリティー上映に向かいました。そして会場で出会った初対面の80代の男性から、こんなお手紙を頂いたのです。

10年前に亡くなった妻の死を、老いと共に忘れるものと思っていましたが、
この歳になっても未練が募り、恥ずかしい話ですが妻の事が思い出されて辛い……
こう切々と綴られたお手紙を拝見して、私もまた、帰らぬ人を想い、悔恨ばかりが募るようで、辛くてなりませんでした。この時の経験が、この「二人の絆」を永遠のものにするために『夫婦史』の映画化という、本企画を生み出したのです。

企画・製作・監督 光永憲之みつながのりゆき

1947年生まれ。東京都出身。大学卒業後、国際放映の助監督として従事。1985年、槙坪監督と共に企画制作パオを設立。プロデューサーとして7本の映画を制作。8作目となる『少女の夢』で槙坪監督の追悼映画の製作・監督をする。

第二の人生を支えてくれる作品に

『ともに生きて』製作委員会

この映画は夫婦が共に歩み、培って来た人生の歴史を辿りながら、パートナーとの想いを永遠に繫ぎ止めてくれます。第二の人生も共に生きていこう!と生きる力を与えてくれる、「世界に一つのドキュメンタリー映画」です。私は、この映画を観ると、幸せな気持ちになります。映像の中に、妻の姿が生き続けているからです。子や孫にとっては両親の生き方から学び、自分たちへ託された「いのちのメッセージ」を実感する、またとない機会です。第二の人生の幕開けを彩る『夫婦史』、その製作を通じて、皆様の「第二の門出」のお役に立つことが出来れば幸いです。

愛する人、愛した人への深い想いを綴る『夫婦史』は、子や孫にとっても、次世代へと続く、託された「いのちと愛のメッセージ」です。

出会いから別れまで夫婦史を巡る
六畳一間のアパートからはじまり
出会いを大切に、歩んだ映画人生
夫婦は互いに必要な存在となって