少女の夢サウンドトラック

聴こえてくるのは、人間讃歌の呼び声

新たな出会いを引き継いで

槙坪監督が残してくれたもの

田口ランディ著「被爆のマリア」との出合い

映画『少女の夢〜いのちつないで〜』の企画が持ち上がったのは、槇坪夛鶴子監督が亡くなってから。でも、構想自体は生前から槙坪監督の手であたためられていました。私が、田口ランディ著「被爆のマリア」に出合ったのが2006年。書店でふと白地に傷だらけのマリア像が浮かぶシンプルな装丁が目にとまり、手にしました。読んでみると短編集でした。特に「イワガミ」に強く惹かれ、後日、槙坪監督に手渡しました。

小説「イワガミ」が被爆者のつらい、苦しい体験を綴った物語だったら、きっと私は薦めなかったでしょう。槙坪監督が、そうした自身の過去の体験を映画化することはできない、したくないと、話すのを日頃から何度も耳にしていましたから。たしか、広島が舞台の、ちょっと変わった作品がありますよ。読んでみては?、そんな風に紹介したと記憶しています。

それから時間がだいぶ経って、2011年の7月8日、監督の誘いで、田口ランディ氏と写真家の八木清氏による「グレイト・スピリット/カーティス、サルダール=アフカミ、八木清の写真」トークイベントに行きました。

会場は監督の母校早稲田大学、小野記念講堂。終わり際、監督が急に控え室に行くと言いだして私が逡巡していると、電動車椅子のモーター音を唸らせながら、さっさと関係者扉の中へ入っていってしまいました。あわててあとを追いながら、この行動力=バイタリティこそが槙坪夛鶴子のパワーの源なのだな、と感じ入りました。

槙坪監督と田口ランディさん

挨拶に伺うと快く応じてくれたランディさん。

静かに語り合う二人が初めて言葉をかわした日でした。この出会いが、映画『少女の夢』へと引き継がれてゆくとは、この時思いもよりませんでした。

帰りの電車のなか、車椅子の槙坪監督が私を見上げながら、少し興奮気味に、息を弾ませ話してくれたのをよく覚えています。亡くなるたった二ヶ月半前の出来事とは思えないくらい、あふれるような気力で充ちていました。そして……「次回作」への期待と興奮を私に抱かせながら、母は逝ってしまいました。

あの扉の向こうへ消えてゆく後ろ姿を、いまも私は追いかけています。

原爆映画ヒロシマ国際平和都市

過去と現在をつなぐメッセージ

「イワガミ」や「明日の神話」がそうであるように、そこからヒントを得て起草された槙坪原案。その想いを胸に作られた『少女の夢』。

つながった一本の線を辿れば、この映画が、原爆映画として国際平和を訴えた物語ではないことはわかります。

人と人が出会い、関わり、互いに生かし生かされること
それが共に生きる喜びにつながる

全てのパオ作品に通奏する、わたしたちの映画づくりのベース、それは「生命いのちあい共生きょうせい」です。

槙坪夛鶴子が起草した瞬間から、映画『少女の夢』となるまで、このグランドメッセージは一貫しています。

戦争や被爆の悲惨さを声高に訴えているわけでも、国際平和都市「ヒロシマ」へのシュプレヒコールでもありません。

愛しのふるさと広島ひろしま

その土地に根ざし、支えあい生きる人々のすがたを静かに見つめ、生命の尊さ、生きる希望を讃える、我々への呼び声なのです。

無知や無理解による差別や偏見を、受けたり持たないために「正しい知識を身につけ、話し合い、理解を深め合いましょう」。そう語りかけ、考えるきっかけになる映画を届けようと、25年間にわたり7作品でメガホンをとった槙坪夛鶴子。

いつも「映画はわたしの夢」と語っていた母。

私には、その7つの夢が虹の架け橋となって、この作品を導いてくれている様な気がします。

少女たづ・愛しの広島・子守唄

初めて完成台本を読んだ時、頭に浮かんだ音は、ひたむきに生きる登場人物たちの無言の声、そして喜怒哀楽でした。とても静かで強かなその音をどう表現しようか……と悩んだとき、母親の生き方からヒントを得ました。これは人間讃歌なんだ、と。私自身、まだ母を失ったばかりで、父の心痛も気になる時期と作曲期間が重なりましたが、決して暗くせず、明るい音楽にしようと心に決めました。

2006年「イワガミ」を読んだ頃に既に作ってあったデモテープを、映画に合う様に編曲しメインテーマ曲としました。できあがった映像を観て、新たにいくつかの魅力的なテーマ曲もできました。解説を添えてご紹介します。

文・音楽 光永龍太郎みつながりゅうたろう

1976年生まれ。18歳で渡英しLIPA(リヴァプール芸術学院)で音楽専攻。George Martin, Brian Eno, Gary Carpenterらに師事。帰国後、映像音楽を中心にフリーランスの作曲家として活動。映画監督槙坪夛鶴子とプロデューサー光永憲之の子。パオの映画では第4作「わたしがSuKi」から音楽を担当。

映画『少女の夢』の音楽

作品を印象づける曲の紹介・作曲者による解説

※プレイヤーの再生ボタンを押すと、すぐに音楽が流れますので音量にお気をつけください

# 曲名 解説 プレイヤー
M1 たづのテーマ 映画冒頭から流れるメインテーマ曲。2006年「イワガミ」を読んだ直後、友人と一緒に作ったデモテープ(※1)が元になっています。父にはメロディが「♪おかあさん〜」に聴こえるそうです。
M8 子守唄 アレンジを変え劇中に何度も流れるこの映画のサブテーマ曲。唱歌「ふるさと」出だしメロディ6拍目から独自に展開します。劇中BG(※2)「ふるさと」のハーモニカは父の演奏です。
M9 愛しの広島 その土地で生まれ、育てられ、暮らす人々の営み。ふるさとへの郷土愛を表現した曲。ラッシュ(※3)を観た後に最初に作りました。どこかイタリア映画音楽っぽいですかね?
M16 エンドロール たづのテーマのTutti(※4)から続いて静謐な音楽へと移ります。ラストに映る映像の母を見ながらピアノを弾きました。情感たっぷりの演奏は一発録りのテイク1です。
BG 春が来た 小学校の音楽の授業で伊藤先生が弾くシーンに使われた伴奏音源。昔の足踏みオルガンの音を、アコーディオンとピアニカ、リコーダーを吹く音を混ぜて再現しました。
  1. デモテープの曲名は「森に帰ろう」。原曲の一部は夢のシーンでも流れます
  2. BGは劇中の登場人物に聴こえる音、Mは聴こえない音楽として区別します
  3. 撮影素材を台本の流れに沿って簡易的につなげた映像をラッシュと呼びます
  4. すべての楽器が鳴るところの意(音楽用語)曲中音量が最も大きくなります

ダビングスタジオへの謝辞

すべての音源は、東京テレビセンター(現東京PANDAスタジオ)でダビングされました。

信頼するスタッフの皆様のおかげで、素敵なサウンドトラックに仕上がりました。