少女の夢〜いのちつないで〜

今、伝えたい 平和を祈る子ども達の声

少女たづのゆめみた世界

ものがたり

昭和23年。たづ(7歳)は、母さちと共に大阪に復員したまま戻らぬ父、明男の帰りを待ち望んでいた。

平和になったとはいえ、戦争の影響が色濃く残る村では、原爆で父を失い、被爆の後遺症に苦しむ姉、香里(14歳)を慕う里江(7歳)や、戦争のトラウマで精神を病む父を支える徹男(7歳)、母を病気で失った仙一(3歳)たちが、差別や偏見に傷つきながらも懸命に生きていた。 子どもたちが心を癒す唯一の楽しみは「紙芝居」だった。

少女の夢-たづと里江、徹男

虫の子 鳥の子 人間の子 みんな大地の同じ命

ある日、たづは不思議な本と巡り合う。そこには、人間と大地の関わりが美しく描かれ、生命が循環しながら生かし生かされている世界が綴られている。そして、たづは、仙一や友達のために、その物語を紙芝居にしたいと担任の伊藤に相談する。原爆で父親を亡くした伊藤も、子どもたちに " 命の尊さ " を伝えたいと考えていた。「しあわせが好き」を神社の境内で演じる子どもたち。村人たちにも笑顔があふれる。数日後、さちはある決意をたづに告げる……。

七本の映画に託したゆめ

企画にあたって

5歳の時、広島で原爆を体験した映画監督槙坪夛鶴子まきつぼたづこ

平和を願う強い思いは、生涯、彼女の脳裏から消え去ることはありませんでした。劇映画『少女の夢~いのちつないで~』は、槙坪監督が講演で語っていた幼少期の話を元に制作されるものです。 戦後、広島の山間部の小さな村で暮らす槙坪親子は、戦争で家族がバラバラになり不安な日々を過ごします。周囲には原爆による差別や偏見に苦しむ少女、自立を妨げる村社会に翻弄される女性たち、そして戦争で心に傷を負った子どもたちが、お互いの痛みを分かち合いながら、家族や地域の関わりの中で成長していく物語です。

少女の夢-たづと里江

人との出会いによって、その人たちから多くのことを学び、育てられてきたそう話す槙坪監督は、子どもたちに「命の尊さ」を、自分らしく生きるために「自立の大切さ」を、そして人と人が支えあう「共に生きる」社会の実現を信じて、7本の映画に夢を託しました。 価値観の違うもの同士、国同士がいかに関わり合い、認め合いながら、共に助け、助けられる「共生」の意義を問い続けた槙坪作品。その生い立ちに触れることで、私たちが「これからどう生きてゆくのか」を問いかけます。

パオの映画と私自身の原点

企画者・槙坪夛鶴子のメッセージ

この映画は、私の過ごした戦後間もない広島の小さな村が舞台です。

私は、「命、愛、共生」をテーマに7本の映画を作りました。

いのちと愛のメッセージをテーマとした三部作『子どもたちへ』『若人よ』『地球っ子』。

自分らしく生きる大切さを描いた『わたしがSuKi』。老いた親の介護を通して自立と共生を問いかける『老親ろうしん』。ユニークな有料介護ホームを舞台に家族の愛を描いた『母のいる場所』。

そして、「自閉症」とその家族への理解を深める映画『星の国から孫ふたり』。その想いの原点が、山間部の小さな共同体での様々な体験にありました。お互いに認め合う心を、未来に向かってつないでいって欲しいと願っています。

パオ代表・映画監督 槙坪夛鶴子まきつぼたづこ

1940年、広島に生まれる。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。映画・TV・教育映画に18年間スクリプターとして参加する。1985年企画制作パオ設立。デビュー作の『子どもたちへ』で文部省特選、第5回監督作品『老親ろうしん』で第17回山路ふみ子映画賞福祉賞、第20回藤本賞特別賞を受賞。

原爆の後遺症に負けず生きる田坂
原因不明の高熱に苦しむ里江の姉
山村の小学校に通うたづ里江徹男
田坂の体調異変に驚くたづと里江
映画『少女の夢』本篇映像から厳選した12枚のカットシーン