老親ろうしん

介護の原点は、対等な人間関係にある

夫やしゅうとからの自立へ

ものがたり

長男の嫁で専業主婦の成子(萬田久子)は、姑の死後、子どもと共に東京を離れ、残されたオトノサマ舅・兼重(小林桂樹)と奈良斑鳩(いかるが)で7年間を一緒にすごす。舅との関係に疲れきっていた成子は、子どもたちの自立とともに離婚を決意をする。その頃かつて元気だった実母まさ(草笛光子)も、歩けなくなってしまい、兄弟間でたらいまわしにあっている。 事あるごとに長女長女と成子を叱咤してきた母とは犬猿の仲。「どんなことがあっても私は看ないから!」と宣言する成子だが……。

老親-母を見上げる成子

私は、あなたと恋に落ちて結婚したけれど、隅田の家と結婚したわけじゃないわ

夫(榎木孝明)と離婚、「家」や「嫁」から解放され、娘(岡本綾)と東京に戻り自立を志す。ところが他人になったはずの兼重が「ただいまぁ」と転がり込んで来て……。 説得しても動じない、気づけば奇妙な同居生活がはじまっていた。

女性の生き方、高齢者の自立をテーマに

企画にあたって

介護の原点は、対等な人間関係にあるのでは……。

映画『老親ろうしん』では、老親介護の生活を描くなかで、性別役割分担や、女の生きかたを問い直し、高齢者の自立をテーマにしてます。何もせずにお殿さまで生きてきた舅が、初めて一人の人間として元嫁と対等に向き合うことができた時、自立し、いのち輝かせるという感動。介護する人・される人の人権を保障し、その人らしく生きるためになにが大切なのか。この映画を観た人が、老親介護、なかでも介護保険を自分たちの問題として捉え、生き方・老い方について話し合うきっかけになれば……と願ってます。

パオ代表・映画監督 槙坪夛鶴子まきつぼたづこ

1940年、広島に生まれる。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。映画・TV・教育映画に18年間スクリプターとして参加する。1985年企画制作パオ設立。デビュー作の『子どもたちへ』で文部省特選、第5回監督作品『老親ろうしん』で第17回山路ふみ子映画賞福祉賞、第20回藤本賞特別賞を受賞。

老親-娘の聡子と成子

私の時間を返せ! と誰に向かって吠えればいいのか末期癌の実父の介護に実母を助け、その最中に姑が脳溢血で逝き、オトノサマの舅が残され……とこの映画に描かれた通りのヨメ道を歩いたあげく、「家」残滓から脱走した。舅が追いかけて来て思いがけない「蜜月」を見たことが映画『老親ろうしん』のクライマックス。

四人目の老親、実母の介護がはや九年。自分の人生の主人公に成りたくて、離婚したにも関わらず、親の為に通算二十四年間も生きているうちに、今年で六十三歳、立派な婆あとなってしまった。槙坪監督が車椅子で、その脇には痴呆の母親というコンビで撮影をしていた。女が歯を食いしばって介護する国なんて、男も幸せであるはずが無い。優しく老若男女が共生する社会こそ未来も輝くのでしょう。

原作者 門野晴子かどのはるこ

老親を棄てられますか(主婦の友社 講談社) 寝たきり婆あ猛語録(講談社)著

映画『老親ろうしん』を推薦します

岩波ホール総支配人 高野悦子

私は母の介護を十一年間、自宅で行ったが、それは想像以上に悪戦苦闘の毎日だった。そして、母が九十七歳で死んだ時、気がつけば私自身も老人のお仲間になっていた。

誰もが老いてゆく。そして誰もが人間としての尊厳をもって生き、死にたいと望んでいる。人は老いの問題と真剣に対峙せざるを得ないのである。槙坪夛鶴子監督の『老親ろうしん』は、原作者門野晴子さんの体験に基づく老人介護の生活を、感動的に描く。槙坪さん自身も、老親を介護しながらの撮影だった。この映画の中には、日本女性たちの希望が一杯つまっていて、見る者に勇気と共感を与えてくれる。この作品は、介護保険が実施される以前の物語だが、この制度も女性たちの叫びをくみ取って、より良くなっていくことを、切に願っている。

夫の信重に、離婚を切り出す成子
人生初めてお茶を煎れる舅の兼重
娘の聡子と共に自立を目指す成子
たらい回しにあい憤慨する母まさ