星の国から孫ふたりサウンドトラック

子育てに臨むすべての“親”たちへのエール

先人の教えを学ぶ

自閉症児のための音楽療法

ジュリエット・アルヴァンに捧ぐ

映画『星の国から孫ふたり』の音楽づくりはいつもと少し違った立ち上がりでした。

この企画の話が持ち上がってからずっと、私にとって一番の関心事は、実は「どんな風な音楽を作ろうか」ではなく、それより、もしこの映画を親御さんと一緒に観に来てくれた「自閉症」の子が居たとして、果たしてラストまで「音楽」に耐えられるのだろうか、という疑問でした。

例えば今作の冒頭でも登場する、音に超敏感な「自閉症」の男の子。実は音楽が好きなのですが、同時に大きい音が苦手なのです。

実在するモデルのある彼の様に、好き嫌い以前に映画音楽に堪えられない!となってしまう子が出てくるのではないか。そうなると途中で退席してしまうかも。それはできれば避けたい。少なくとも緩和することは可能か、可能なら何に気をつけて作曲すれば良いのか。

音量だけの問題か、音色も関係するのか、はたまた特定の音程に反応するのか、調律を変えるべきか……。そんな風に悩んでみても、答えは出ず、困った私は、オーティズムと音楽を結びつける「音楽療法」にヒントを見出そうと、基礎から勉強することに決めました。そこで手に取ったのが、ジュリエット・アルヴァン著「自閉症児のための音楽療法(原題:Music Therapy for Autistic Children)」でした。

アフリカンダンス教室

ジュリエット・アルヴァン=Juliette Alvinは、フランス生まれの有名なチェリストで、BSMT(英国音楽療法協会)創始者として先駆的な業績でも世界的に有名になった人です。過去に二度来日も果たし、音楽療法の基礎と具体的な方法を示して日本の音楽療法にも大きな影響を与えた人物とのこと。彼女は一貫してミュージックセラピストは常に第一級の演奏家でなければならないという信念を持っていました。著書に「音楽療法」(Music Therapy)、「自閉症児のための音楽療法」(Music Therapy for Autistic Children)があり、これをテキストにして、私は映画と向き合う前に、自閉症児のための音楽とは何か、自分なりの答えを導き出そうとしました。

星の下降線を辿って

基礎と理論、実践を経て

彼女の本には、5度音程で下降あるいは4度音程で上昇する旋律に対して非常に素直な反応を示すと英国での幾度かの実践結果が楽譜付きで紹介されてありました。

音を空気の振動としてみたとき、根音と完全5度の関係は整数比になります。昔からこの音程の響きは特別で、純正律から平均律となった現代でもなお不変です。カデンツのドミナント進行。私の疑問は文字通り解決し、感覚的にも理論的にも腑に落ちたのです。

こうしてこの「素直な音程」を糸口に、まず習作「星の下降線」を作りました。対位法による二声カデンツで、アルヴァンを参考に5度音程で最低音が鳴り、最高音は係留音を含んだ長4度跳躍。ついでに調性への反応も確かめたかったので、小節ごとに下属調への転調を繰り返します。平均律のほか、純正律、ピタゴラス調律、ヴェルクマイスター、ミーン・トーンなど異なる調律のバージョンも用意しました。それらをCDに録音し、地元の小学校へ協力をお願いして、実際の特別支援学級に通う児童たちに聴かせてもらいました。といっても、音楽鑑賞用ではなく、普段の授業中にBGMとしてさりげなく流して欲しいと頼みました。

私は期待と不安をもってその反応を待っていましたが、後日、子どもたちは「特に反応を示さなかった」と報告を受けました。これはまったく想像だにしなかった結果でした。音に敏感な子がたまたま居なかったからなのか、デモテープの出来がアルヴァンの言う通り、児童たちの神経を刺激せずに済んだからか。真相は分からないままでしたが、ある意味吹っ切れて、自分がいいと思う音を作ろう、という思いに至りました。基礎を実践して得た感触のおかげで、このスタート地点さえ見誤らなければ大丈夫、という自信も芽生えはじめました。

星になった歌たち

こうしていつもの作曲作業に入ったわけですが、台本を読んだ最初の印象を素直に音楽にしようと試みたところ全て歌入りの曲ができあがり、困ってしまいました。パオの映画ではインストゥルメンタル=器楽曲中心だと分かっていながら、なぜこうも歌ばかりを作ってしまったのだろう……。思えば、それはきっと、こういう理由でしょう。

ちょうど自分も育児の真っ最中で、製作発表の頃は保育園が満員で入れず、スタッフ全体の顔合わせにも我が子を抱いて参加しました。半年後に自宅近くの保育園に奇跡的に空きが出るまで、半休をとり役所の保育課へ訴えに行ったり、両親と交代でみたり私営託児所へ預けたりしながらやりくりする毎日。それも映画製作が始まってしまえば出来なくなる事も分かっていました。映画の、子育てに悩み喜び奮闘する主人公家族の心情とピッタリ重なっていたんだと思います。

託児所に預けて仕事に行く私を不安そうに見つめる瞳。夕方迎えに行くと泣きながら走ってきて脚にすがる小さな頭。抱っこすると鼻水でくしゃくしゃにした真っ赤な顔で必死に親指をしゃぶり、高ぶる感情を抑えようとしている華奢な背中。初めてトイレ・トレーニングを成功させ、誇らしげに、でも少し照れながらオマルを前に微笑む姿。言葉でのコミュニケーションもままならない頃にふと気心が通じ合った瞬間や、注意深く言葉を重ね、物事の善悪を説いて叱ったあの日の記憶。いまでも思い起こすと悲喜こもごも、様々な感情が押し寄せて来ます。

それは喜びであり慈しみ、不安と期待、落胆と安堵は裏表、
至らなかった自戒とやりきった自負の狭間

そうした、綯い交ぜの複雑な感情をストレートに表現したい! という矛盾を抱えたとき「歌」になって現れたんだと思います。

子育てに奮闘する親たち、大人たち、そして自分に対してのエールだったのかもしれません。

残念ながら歌入りバージョンは全てお蔵入りになりました。私はなんとか「歌」に込めたメッセージを生かせないかと、楽器に置き換えてアレンジを作りなおし、それがテーマ曲のいくつかになって残りました。結果的に良かったと思います。試行錯誤の連続でしたが、試写会を終え、ロビーに出てこられた監修者の先生、女優さん、自閉症児を持つ関係者の方が笑顔でOKサインを出して下さったことで、私の挑戦は報われた思いがしています。

文・音楽 光永龍太郎みつながりゅうたろう

1976年生まれ。18歳で渡英しLIPA(リヴァプール芸術学院)で音楽専攻。George Martin, Brian Eno, Gary Carpenterらに師事。帰国後、映像音楽を中心にフリーランスの作曲家として活動。映画監督槙坪夛鶴子とプロデューサー光永憲之の子。パオの映画では第4作「わたしがSuKi」から音楽を担当。

映画『星の国から孫ふたり』の音楽

作品を印象づける曲の紹介・作曲者による解説

※プレイヤーの再生ボタンを押すと、すぐに音楽が流れますので音量にお気をつけください

# 曲名 解説 プレイヤー
M1 星の子のワルツ 冒頭の図書館のシーンにピアノとクラリネットが静かに重なり、一転、ギターとピアニカと打楽器が入って賑やかに。かおる・らんの登場シーンに流れるメインテーマ曲(※1)
M18 ゼロからの出発 調やアレンジを変えて何度も登場するサブテーマ曲の完結。親の視点からみた子育ての喜びや葛藤を音にしました。夫婦喧嘩のシーン(※2)のM8が初出です。
M23 瞳は輝いて きっぱりと「療育とは、無条件に可愛がり、愛すること」と言いきる、ひとみのテーマ曲。デモ段階では「ニケ」(※3)という曲名でした。歌声はomit(※4)してあります。
M26 エンディング 歌入りを器楽にアレンジし直した曲(※5)。映画本篇では「デュワイン!」が入って印象に残らないかも知れませんが、最後に娘の声(当時2歳)をさりげなく入れてあります。
Demo 星の下降線 試行錯誤のスタート地点。純正律バージョンです。本篇音楽と方向性が違うように感じるかも知れませんが、こうした習作は今回の作曲作業にとって必要不可欠でした。
  1. 打楽器類は、ダンボール、アルミ缶などの生活用品を叩いて慣らしています
  2. できるだけ暗くさせず、明るくしたかったので、スウィングした曲調で統一
  3. ニケとはギリシャ神話の勝利の女神ニケ、ローマ神話ではヴィクトリアです
  4. 英語で「省く」。映画製作の現場では、削除あるいは欠番の意味で用います
  5. 土台は「Shade Behind」という高校時代にバンドで初めて演奏録音した曲

スクール・オブ・アフリカンダンスの思い出

らんの通う幼稚園託児室でアフリカンダンスを踊る母親たちのシーン、太鼓を叩いているのは私です。

急遽この演奏シーンが追加になった為、奏者の廣田さんの日程が合わず、私に白羽の矢が立ちました。

といっても音源に合わせた「フリ」だけですが、行きの電車で全部覚えて臨んだ思い出深い撮影です。