パオクレジット フルHDフルカラー フルHDモノクロ スタンダードサイズモノクロ

星の国から孫ふたり本篇カット

自閉症児の視点にたった映像表現

子どもたちが感じている世界

パニックにみえる姿にも、理由があります

見た目にはわかりにくい障がいへの理解に

わたしたちと同じ世界に生きているようで、彼らにとっては少しの段差でも同じような景色の奥行きや位置関係には見えず、実は谷底のように見えて恐怖を感じているのかも知れません。或いは、たくさんの違った音が同時に頭の中に飛び込んできて、交差点の中にいるかのような不愉快さを感じていることだってあるかも知れません。不安を感じたり泣き叫んだりするのにも、ちゃんと理由があるのではないでしょうか。

専門家やご家族の意見を参考にしながら、映画『星の国から孫ふたり』はこうした部分を丁寧に映像化しました。

※小さな写真をクリックすると、大きな写真にうつります

© 2009 パオ『星の国から孫ふたり』製作委員会
#96|病院 新生児室前|ガラス越しに並んだベッドを見る、弓子、陽子、かおる
こんにちは、らんらん

初のフル・デジタル撮影で挑んだ意欲作

映画『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』は、パオ映画で初めてデジタル撮影で行われました。

自閉症の子どもたちが見つめる世界の映像化には、合成処理に長けたデジタル素材が最適だったからです。

内面の声をテロップとして画面に現したり、パニックになる訳を、視覚的に伝える事にこだわりました。

自閉症への理解につながるよう、発達障がいの専門家の意見を参考に映像処理を加えています。

映画『星の国から孫ふたり』予告篇動画を視聴する