星の国から孫ふたり

〜「自閉症」児の贈りもの〜

自閉症って不思議がいっぱい

ものがたり

作家の太田弓子(馬渕晴子)はバークレーから帰国した娘の陽子(加藤忍)、その夫の敏夫(比留間由哲)、3歳になる孫のかおると久しぶりに再会した。だが、かおるは、まだおむつも取れず、「プーラペン……デュワイン!」とまるで宇宙語のような言葉を発し、医者に診てもらうと「自閉症の疑いがある」との診断。仕事人間の夫・敏夫は「子育てに問題があるのでは」と陽子を責める。一方、弓子は「自閉症って不思議がいっぱい」と前向きに日々のかおるの成長を見守る……。

星の国から孫ふたり-弓子と陽子、かおる

プーラペン、プーラペン、ウィウィウィ!

バークレーから、発達障害の専門家・村井ひとみ(乾貴美子)が訪れ、「アメリカでの積極的な自閉症(オーティズム)への早期発見、早期療育の取り組みは人々が勝ち取ってきた」と語る。弓子の息子・拓也は、ひとみとスカイプで交信しながら発達障害の専門家になる勉強を始める。そんな時、妹のらんも自閉症だと認定されてしまう。再びゆれる家族。

らんは、幼稚園に、かおるは小学校の特別支援学級に入学する。かおるはそこで母をなくし心を閉ざしたマリアと出会う。「自分本位と言われている自閉症のかおるがマリアを想って泣いた!」かおるの初恋だと喜ぶ陽子達。「みんなに、もっと、かおるとらんのこと、自閉症について知ってもらおう」と弓子達は地域の人たちへ支援の輪を広げるために街へ出る……。

支援・応援のため映画に

企画にあたって

槙坪夛鶴子監督は、自身がリウマチによる入退院を繰り返す人生経験から、当事者しかわからない痛み、苦しみ、悩みを表現できないと、当初「病者や障害者の映画は撮りたくない」と考えていました。やがて認知症の母親が他界し、自身も輸血が必要な身体に。車椅子生活に入りヘルパーさんのお世話になる暮らしが始まると、あらためて自分の生命は多くの人に支えられ、生かされていると感じたといいます。

同じ時期、発達障害についての新聞記事を読んだりテレビやインターネットを通じて情報を集めているさ中、上映会で出会ったある自閉症の子を持つ親御さんの「世間の目が冷たい、生きていくのがつらい」という訴えに心を動かされました。そして原作者からの情報提供にも触れ、さらに理解を深めていくことで映画『星の国から孫ふたり』の企画が固まっていきました。

自分の障害を知ることも難しく、自分の障害を伝えることも難しい子どもたち。子育てに苦悩する親達に対する、世間の無関心と冷たい視線。彼らを取り巻く現状を知れば知るほど、「何とかしなくては」と痛切に感じた槙坪夛鶴子監督。そして企画制作パオは、多くの人に「自閉症」への理解を深めてもらう為に「自閉症」児と彼らの親たちへの支援・応援となるように、映画化に踏み切ったのです。

星の国から孫ふたり-かおるとマリア

自閉症について、より多くの人々に理解してもらうことを目的とする「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」が4月2日に定められていることを知っていますか。平成19年12月18日の国連総会において決議され、世界の約350万人の自閉症の子どもにとって、早期診断と早期治療が重要であるとし、平成20年(2008年)第一回目から毎年、世界各地で様々な啓発の取り組みが続けられています。日本でも世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行うことになっています。

日本では「発達障害者支援法」が平成17年4月1日施行されました。

発達障害者支援法(平成16年12月10日法律第167号)は、自閉症・アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥・多動性障害などの発達障害を持つ者の援助等について定めた全25条の法律で、発達障害者の生活全般にわたる支援を図り、発達障害を早期に発見し、発達支援を行われるよう、国や地方公共団体の責務を明らかにするとともに、学校教育における発達障害者への支援、発達障害者の就労の支援、発達障害者支援センターの指定等について定めています。

自閉症オーティズムを知っていますか?

企画者・槙坪夛鶴子のメッセージ

発達障害って知っていますか? そのなかの自閉症(オーティズム)を知っていますか?

自閉症は生まれながらに脳機能に障害があり、人とのコミュニケーションが困難です。しかし、早期発見・早期療育によって障害は軽減可能です。人は地域の中で、様々な人とふれ合い、支え合える環境があれば、障害があるなしに関係なく、その人らしく生きること、成長つづけることが、夢ではないと信じています。映画『老親』の原作者・門野さんのお孫さん二人(アメリカ在住)が「自閉症」です。その実体験から書かれた「星の国から孫ふたり」を読み、ユーモア溢れる愛情一杯の関わり方に感動しました。日本の現状に置き換えて、「自閉症」児と家族、療育者と教育現場のあり方を見つめ直したいと思います。映画『星の国から孫ふたり』は、笑いあり涙あり、夢のある愛ある世界に皆様をご案内することでしょう。この映画が「自閉症」(オーティズム)への理解を深めるきっかけになりますように。

パオ代表・映画監督 槙坪夛鶴子まきつぼたづこ

1940年、広島に生まれる。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。映画・TV・教育映画に18年間スクリプターとして参加する。1985年企画制作パオ設立。デビュー作の『子どもたちへ』で文部省特選、第5回監督作品『老親ろうしん』で第17回山路ふみ子映画賞福祉賞、第20回藤本賞特別賞を受賞。

大きい声に耳を塞いで泣くかおる
発達障害を個性だととらえる弓子
商店街で星の子通信を配る陽子達
自閉症児家族に寄り添う園長先生
映画『星の国から孫ふたり』本篇映像から厳選した12枚のカットシーン