母のいる場所

実在する老人ホームを舞台にした介護物語

在宅介護の末にみつけた居場所ホーム

ものがたり

フリーライターでシングルマザーの主人公・久野泉(45歳 紺野美沙子)は7年間、脳血栓で右半身不随になった母・道子(馬渕晴子)の在宅介護と子育て、そして仕事に追われる。70歳まで仕事人間だった独断的で頑固な父・賢一郎(小林桂樹)とは、介護をめぐって終始喧嘩が絶えない。

母のいる場所-母道子を介護する泉

母さんの面倒はわしが看る。おまえは仕事をしろ!

小学生の息子・遼は、チック症になり、高校に入るとすぐ不登校になった。泉はユニークな有料老人ホームの施設長・悠子(野川由美子)に出会い、入所を選択する。Noを言わないのがホームの方針で、痴呆の人を、お分かりにならない方と呼び、酒もタバコも恋愛も自由、入居者もスタッフも、ともにいきいき輝いて暮らしている。

やがて母は笑顔を取り戻し、そこが母の居場所となる。

介護する者される者、それぞれの自立とは

企画にあたって

人は誰でも老いを迎え、病気や障害を抱えたり、不安と孤独から痴呆になったりする可能性があります。

男女共同参画が叫ばれる時代ですが、老親介護、子育てを依然として女性たち(妻、嫁、娘)が担い、子育てにお金のかかる四十代、五十代の世代が老親介護で家族崩壊の岐路に立っています。この作品は、原作者・久田恵さんの実体験によるものです。介護する者される者、それぞれの自立とは何か、介護とはどうゆう事か、ふさわしい最後の居場所はどこなのか……。 映画『母のいる場所』が、夫婦のあり方や親子関係を見つめ直すきっかけになりますように。

パオ代表・映画監督 槙坪夛鶴子まきつぼたづこ

1940年、広島に生まれる。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。映画・TV・教育映画に18年間スクリプターとして参加する。1985年企画制作パオ設立。デビュー作の『子どもたちへ』で文部省特選、第5回監督作品『母のいる場所』で第17回山路ふみ子映画賞福祉賞、第20回藤本賞特別賞を受賞。

母のいる場所-賢一郎・泉・道子

百の家族に百の介護物語あり、です。日本中で、今、介護を巡ってさまざまな物語が生まれています。この映画『母のいる場所』もそんなあまたの物語の中のひとつ、十年の在宅介護の果てにユニークな老人ホームにたどりついた我が家の奮戦模様が描かれています。

そこには多くの人が体験するであろう親子の葛藤、老いの哀しみ、おかしみ、家族って、人生って、老いるって、どういうことなの? という切実な問いやら発見やらが詰まっています。車椅子の槙坪監督が、老いた母同伴で撮影に通い、介護世代の女たちへの深い共感を元に完成させた真情溢れる作品です。撮影現場は実際の我が家や母のいたホームが使われ、作品を一層ビビッドにする効果を果たしました。ご自身の家族の物語に重ねて観て頂きたく思います。

原作者 久田恵ひさだめぐみ

母のいる場所〜シルバーヴィラ向山物語〜(文藝春秋刊)著

映画『母のいる場所』を推薦します

ユニセフ親善大使 黒柳徹子

この映画には老親問題・介護問題の喜怒哀楽が入っています。

槙坪さんは『不屈の人』です。笑顔でお話なさる彼女を見ていると、長年の慢性関節リウマチに苦しみ、車椅子に乗りながらメガホンをとってる映画監督とは、全く想像できません。 今回の映画『母のいる場所』は老人ホームのお話です。今の日本には残念ですが、まだまだこのような施設が足りません。頑張ってきたお年よりの方々が楽しく暮らせて、支える家族の負担がもっと減らせる環境が絶対に必要です。深刻に考えるだけでなく、笑いながら温かい気持ちで問題の解決方法を見つけていく……とても勇気付けられる映画です。多くの方々に……特に若い方達! 豊かな大人になれるでしょう。また現在こういう生活にあるかた! 心強くなれるでしょう。心細く生きているかた! 大丈夫、みんな頑張っているのですから。様々な世代の方にお勧めします。

ホーム施設長に取材を申し込む泉
介護をめぐって苦しむ母道子と泉
リハビリ施設を訪れた久野家親子
心を通わす泉の母道子と父賢一郎