パオ - 仮予約の説明

槙坪監督最後の上映会

上映会が動きだすまで

はじめる4つのステップ

質問と回答をセットにしてご説明

上映フィルム、貸出専用DVD/Blu-rayのレンタルをもっと気軽にできるように、パオは皆さまのご要望にお応えしています。

上映会を企画されている主催者の方は、ぜひご一読おねがいします。

企画するのも初めてで……何からすれば良いの?

まずは仮予約を

上映会は事前準備が必要なため、通常は受付してから数ヶ月〜半年後に予定されます。このため他団体と上映日が重なることが予想されますが、主催者都合で日程変更となるケースもあり、パオ側ですべてを予測して調整することは困難です。また、貸出専用のフィルム・DVD/Blu-rayは、上映専用に特別にご用意したもので複数ストックはありません。同一期間での貸出はできないのです。「希望する日に借りれなかった」といった事態を避けるため、早めの「仮予約」をお奨めしています。

手数料やキャンセル料なし

上映予定日を定め、仮ご予約をされると、貸出フィルム・メディアをキープした状態「仮押さえ」になります。仮ご予約に手数料はいただいておりません。キャンセル料や違約金も発生いたしません。是非お気軽に検討してみてください。

おしらせページをみると希望日が空いていた!

パオにスケジュール確認を

パオのホームページでは、おしらせページ上映実績ページで年度内の上映会スケジュールを掲載しています。

こちらは実施が確定した上映会のリストで、上映決定の連絡を受けるとパオで追加更新します。連絡のタイミングは、上映日の数ヶ月前〜数週間前と主催者都合により変わります。上映会リストに空きがあっても、希望日が他の上映会と重なっているかそうでないか実際には分かりません。必ず直接パオまでお問い合わせの上、ご相談ください。

仮押さえはできたけど、それから何をしたらいいの?

つぎに上映会場へ連絡を

無事に貸出フィルム・メディアを押さえたら、上映を行う会場の予約を行なってください。

設備の整ったホールになるほどレンタル料は高くなり、人気が集中する週末や時間帯も押さえにくくなりますので、早めの確認を。

希望する会場と上映日が合わない

希望する会場が取れた! そちらに合わせて上映日をずらしたい……となっても、仮押さえしている日程を再調整するので大丈夫です。その旨パオにご連絡を。尚、日程変更に料金はかかりません。

そのほかに何かアドバイスは?

仮ご予約をされる場合もそうでないときも

初めてのお問い合わせのときには、ご連絡先とご住所、お名前をお伝えください。

進捗と履歴、ご相談内容とパオ応対がセットでデータベースに記録されるので、いつでもスムーズに打ち合わせが可能です。

いつでも主催者側にたったサポートを目指して

ご利用になる施設や上映会の規模によって、技術系職員(照明や音響、映写担当)との打ち合わせが必要な場合があっても、専門的な内容にお困りであれば、主催者に代わってお話をお聞きします。又ご要望に応じて必要書類も送付いたします。

「やってみたい」を「上映してよう!」へ

いかがでしたか。上映会がすこし具体的なイメージになったでしょうか。

もしご不明な点があれば、お気軽にパオへお問い合わせください。