わたしがSuKi

NIEL BALLY White Tulips 1996 Oil

人種や国籍に囚われない音楽

レイヴ・カルチャーの波

90年代のレイブブームの興奮ど真ん中の英国で、もっぱら若者の間に流行していた音楽はポストテクノでした。 クラブに行くとハウスミュージックがかかり、踊り疲れて帰路につき、チルアウトを聴きつつ明け方眠りにつく。 翌昼は全身筋肉痛、こんな風に毎週末過ごすのが当たり前。 クラブミュージックが、英国の若者たちの文化的・生活的中心にあったのは確かです。

当時イギリスから帰ってきた22歳の私も、この影響を多分に受けていました。 初めて映画のサントラを作る、それも高校生たちの物語だと聞かされ、これはエレクトロしかない! と、若さゆえの勢いだけで全22曲を二週間で作曲しました。 完成当時、経験不足もあって、録音スタジオではダメ出しを喰わされ、試写会に招いた高校時代の友人にこれで(音楽は)いいの?と感想をこぼされた、ほろ苦い思い出もあります。

そもそもザ・ビートルズに憧れ、リヴァプールに移り住んだ私が、クラブミュージックに傾倒するキッカケを与えてくれたのは、flat shareで偶然出会ったPaul Bally。 彼はイギリスはウェールズにルーツを持つ南アフリカ生まれのアングロサクソンで、ネルソン・マンデラを信奉している無職の30歳、というユニークな経歴の持ち主でした。

出会った頃の私は、ちょうど日本の両親のことや学校のことで悩み、塞ぎ込んだ毎日を送っていました。 そんな私を見るに見かねてなのか、人生が変わるからとしつこくクラブに誘うPaul。 全く期待せずついて行った「GARAGE」は、ドリンクチャージのみエントランスフィー(入場料)無しの、労働者階級の若者が僅かなお金を握りしめ通うクラブでした。 猥雑で低俗で、欲望がむせ返る、悪目立ちしている外国人で東洋人の私にとって、一刻も早く立ち去るべき危険な場所に間違いありません。

ですが、何か目に見えないパワーも同時に強く感じました。 それがレイブのうねりだったのでしょう。新しい音楽がまさに生まれる、文化の萌芽に私は立ち会ったのです。その日をさかいに、私の人生観、音楽へのアプローチは全く変わりました。 ワーキングクラスの同世代に混じって、レイヴカルチャーを全身で浴びたことは、英国で得た最も大きな財産の一つです。

「愛の砂時計」からわたしがSuKiへ

映画の脚本ができるまで

私がまだ渡英する前から、両親には「愛の砂時計(仮題)」というHIV問題を扱う映画の構想がありました。 しかしこのHIVの問題を説得力のある脚本にすることが叶わず、長いこと映画化できないまま塩漬けされていました。 私の両親は生前、口を揃えてはよくこう言っていました。

映画の良さは脚本で決まる。良い脚本なら映画は半分できたようなもの

日本に戻った時、母は体調が悪く入院していて、成田空港に迎えに来てくれた父とパオ車に乗って、病院へ直行しました。 その後も入退院を繰り返しながら、翌年、母はついに自ら脚本を書き上げました。 そこに父と私も加わり、皆で意見を出し合ってさらに内容を深めていきました。 いつのまにか、映画タイトルは『わたしがSuKi』に変わっていました。 とても独自性に富んでいて、パオ作品の中でも大好きなタイトルです。

当初のHIVを扱った内容に加えて、援助交際、性暴力、薬物問題まで扱いながらも自然と「いのち・愛・共生」といった共通のテーマに帰結していく。 取り組む教師と生徒、向き合う大人たちと子どもたち。 パオの映画だな、他の誰にも描けない槙坪映画だな、と感じたことを覚えています。

わたしがSuKi SoundTracks

# 曲名 曲解説 プレイヤー
M8 悲しいほど好き メインテーマをピアノとストリングスでアレンジ。亜紀の英樹への想いを表現。当時、全ての音を一台のシンセサイザーとサンプラー(※1)で鳴らして録音しています。
M14 ノーイレギュラー サントラの中で唯一、生楽器(アコースティックギター)を使った曲です。メモリ容量わずか16MBしかなかった為、短い演奏のフレーズサンプリングを繰り返しています。
M16 木村エイジ TR-808のキック音(※2)から始まり、歪んだ音と透明感のあるシンセパッドが交差する授業シーンに流れる曲。木村先生の世代、70年代後期〜80年代初頭を意識したスクエアな曲調。
M22 エンディング ハウスミュージックが好きで、劇伴音楽にも歌入りで挑んだ曲。TR-909、矩形波パッド、コンプされたピアノ、跳ねた暑苦しい四つ打ち(※3)に乗った涼やかな歌声が今でも大好きです。
BG 沙弥香のテーマ 1998年当時、友人らと製作していたPC用ゲームで作った曲(※4)をBGMとして使いました。GM/XG音源準拠MIDIデータをシンセ音源で鳴らしたもの。映画冒頭の喫茶店内で流れます。

作品を印象づける曲の紹介・作曲者による解説です。 プレイヤーの再生ボタン(▶︎)を押すと、すぐに音楽が流れますので音量にお気をつけください。

※1. 使用機材はKorg TrinityとAkai S3000XLのみで、プリセット音にサンプリング音を混ぜています。 ※2. キックとは文字通り足で踏むバスドラムの意。TR-808は日本が誇るRoland社製のリズムマシン。 ※3. 一小説に4つキック(bass drum)が入った音楽の俗称。特にダンス・ミュージックにその特徴が顕著に現れます。 ※4. 曲名は「代々木第二女子」で、学校の教室でヒロインと友人らが会話をするシーン用の曲として作りました。

映画フィルム・DVD貸出と上映会を再開

追記:

今年3月より実施を自粛して参りました映画の上映会ですが、国内の新型コロナウィルス発生状況を判断しながらではありますが、再開のはこびとなりました。ご支援ご協力に感謝申し上げます。上映スケジュールでご覧いただけます。

この続きを読む