パオ映画全作品

30年間で本篇映画9作品いのち,愛,共生をテーマに

パオはユニークな映画会社です

わたしたち企画制作パオ有限会社は、企画・製作・配給・宣伝・広報・出版を自社でおこなう、ユニークな映画制作会社です。 昭和61年の『子どもたちへ〜いのちと愛のメッセージ〜』から、平成26年『ともに生きて〜映像で綴る夫婦史〜』まで30年間で本篇9本を制作。 代表作、最新作をご紹介いたします。

映画『子どもたちへ』メインビジュアル

子どもたちへ〜いのちと愛のメッセージ〜

ひとを愛すること、その喜びを感じとってほしい……そんな願いを込めて

性教育を通して、生命(いのち)の大切さを子どもたちへ鮮烈に訴えた、槙坪夛鶴子監督第一回監督作品。 全国2000ヶ所以上の小学校、中学高校で、「いのちを伝える」授業として上映されてきました。

作品紹介リンク

映画『若人よ』メインビジュアル

若人よ〜いのちと愛のメッセージ〜

私たち大人が、若い世代とともに考え・学び、伝え残してゆくメッセージ

性教育とは「人間教育」それは生命を見つめること。 中学高校を中心に上映され、性教育をより身近な問題として分かりやすく扱った、いのちと愛のメッセージ2作目。 槙坪夛鶴子第二回監督作品。

作品紹介リンク

映画『地球っ子』メインビジュアル

地球っ子〜いのちと愛のメッセージ〜

価値観の異なる国と国、人と人がどう関わり合いながら「共生」できるか

性教育やHIVの問題を分かりやすく伝えてくれる、いのちと愛のメッセージ3作目。 がらくた座・木島知草さんの人形劇によるHIV講座も全国の小中学校で好評。槙坪夛鶴子原案による第三回監督作品。

作品紹介リンク

映画『わたしがSuKi』メインビジュアル

わたしがSuKi

生命の大切さを感じ、自分らしさを取り戻し「自分のこと」が好きになって!

援助交際・性暴力・薬物問題などの難しい問題を、多感な子どもたちに分りやすく伝える、実話を基にした映画。 全国の中学高校で性教育、人権教育の教材として上映。槙坪夛鶴子第四回監督作品。

作品紹介リンク

映画『老親ろうしん』メインビジュアル

老親ろうしん

その人らしく生きるためになにが大切なのか。介護問題を明るく照らす

介護の原点は、対等な人間関係にあるのでは?  老親介護の生活を描くなかで、老いる・生きるとは何かを問い直します。 人としての自立、高齢者の自立をテーマに描いた、槙坪夛鶴子第五回監督作品。

作品紹介リンク

映画『母のいる場所』メインビジュアル

母のいる場所

介護をする人、される人。互いが対等、幸せであるために大切な事とは

実母の介護を通して、壊れかけた家族がひとつになるまでの実話を元にした心暖まるドラマ。 介護付有料老人ホームを中心に、久野家とホームの人々とのふれあいを描く、槙坪夛鶴子第六回監督作品。

作品紹介リンク

映画『星の国から孫ふたり』メインビジュアル

星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜

オーティズムは自分本位? 自閉症児と家族・取り巻く人たちへのエール

自閉症(オーティズム)児と家族、療育者、教育・福祉に携わる全ての人たちへの応援歌。 自閉症を抱える子どもたちと取り巻く人々との関わりを描いた、希望あふれる映画。槙坪夛鶴子第七回監督作品。

作品紹介リンク

映画『少女の夢』メインビジュアル

少女の夢〜いのちつないで〜

日本の原風景を蘇らせ、そこに生きる人々を描く。パオ・槙坪映画の原点

槙坪夛鶴子監督の映画の原点である愛しの故郷広島。 戦後まもない日本の原風景の中、希望を捨てずひたむきに生きる人々の姿を美しく、瑞々しく描いた作品。 光永憲之・中平悠里第一回共同監督作品。

作品紹介リンク

映画『ともに生きて』メインビジュアル

ともに生きて−映像で綴る夫婦史−

第二の人生を支えてくれる、世界にたった一つのドキュメンタリー映画

二人三脚で映画人生を刻んだ、映画監督の槙坪夛鶴子と映画プロデューサーの光永憲之。 夫婦の歴史を紐解きながら、二人の絆を永遠に語り伝える愛の物語。光永憲之・中平悠里第二回共同監督作品。

作品紹介リンク

受賞歴

子どもたちへ〜いのちの愛のメッセージ〜
1986年度作品/劇映画/カラー/55分
文部省特選
若人よ〜いのちと愛のメッセージ〜
1987年度作品/劇映画/カラー/105分
厚生省推薦
地球っ子〜いのちと愛のメッセージ〜
1993年度作品/劇映画/カラー/83分
厚生省中央児童福祉審議会児童文化財推薦
第6回カネボウ国際女性映画週間'93出品
芸術文化振興基金助成作品
文部省選定
わたしがSuKi
1998年度作品/劇映画/カラー/88分
厚生省中央児童福祉審議会児童文化財推薦
法務省/東京都衛生局薬務部協力
あいち国際女性映画祭'98出品
財団法人エイズ予防財団推薦
文部省選定
老親ろうしん
2000年度作品/劇映画/カラー/112分
第25回日本カトリック映画賞最優秀映画賞
第17回山路ふみ子映画賞福祉賞
財団法人東京女性財団助成作品
第20回藤本賞特別賞
母のいる場所
2003年度作品/劇映画/カラー/116分
第16回東京国際女性映画祭出品
星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜
2009年度作品/劇映画/カラー/95分
厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財
あいち国際女性映画祭2009出品
芸術文化振興補助金助成作品
文部科学省選定
少女の夢〜いのちつないで〜
2012年度作品/劇映画/白黒(部分カラー)/73分
厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財
あいち国際女性映画祭2012オープニング作品
ともに生きて−映像で綴る夫婦史−
2015年度作品/ドキュメンタリー/カラー/60分
あいち国際女性映画祭2015招待作品
文部科学省選定

映画フィルム・DVD貸出と上映会を再開

追記:

今年3月より実施を自粛して参りました映画の上映会ですが、国内の新型コロナウィルス発生状況を判断しながらではありますが、再開のはこびとなりました。ご支援ご協力に感謝申し上げます。上映スケジュールでご覧いただけます。

この続きを読む